\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

5ステップで書類選考を通過!未経験で産業保健師の職務経歴書を書くコツ

  • URLをコピーしました!

本記事はプロモーションを含んでいます。

産業保健師の転職の大きな壁は、倍率が高くなかなか内定がもらえないことです。看護師ではあまり見られない書類選考で落ちてしまうことが多く、多くの人が悩みます。

書類選考を突破するポイント魅力的な職務経歴書を書くことです。

・一般企業向けの職務経歴書を書いたことがない
・産業保健師求人にエントリーしても書類審査が通らない
・自己PRが上手く書けない

このような方に向けて5ステップで書ける職務経歴書の書き方をまとめています。

私は未経験でも書類審査では9割通過しました。基本的なルールから採用側の興味を引くポイントまで紹介します。

書類は第一印象となるものです。

初めに興味を持たれなければ、面接に行くことができず不採用となってしまいます。しっかり自分をアピールできる魅力的な職務経歴書にしましょう。

目次

【産業保健師】履歴書と職務経歴書の違い

産業保健師の職務経歴書の書き方【志望動機/自己PR例】テンプレートあり

産業保健師の転職には、履歴書・職務経歴書がセットで必須です。2つの違いを理解しておきましょう。

履歴書
職務経歴書
  • フォーマットがあり
  • 記入項目(氏名・連絡先・生年月日・学歴・職歴)
  • 個人プロフィール
  • 手書き指定の場合がある
    (PC作成でも可)
  • フォーマットは自由
  • A4用紙2枚にまとめる
  • これまでの業務経験やスキルをアピールするもの
  • PCで作成

職務経歴書とは業務経験とスキルを確認するものです。

職務経歴書を求められるタイミング

・転職サイトに登録をするとき
・企業にエントリーをするとき

産業保健師の採用側が見るポイント

  • 応募者がどのような人であるか
  • これまでどのような経験をしてきたか
  • どのようなスキルを持っているのか
  • この企業でこれまでの経験をどう活かせるのか

産業保健分野では50~100名の応募があります!

企業側もスケジュール上応募者全員と会う暇ないので氏名、住所、学歴、職歴、所有資格や自己PRなどで厳選して面接を行います。

「この人に会ってみたい」
書類だけでこのように思わせることが面接へつながる第一歩となります。

企業では一般的に職務経歴書の提出は必須ですが、看護師は不要の場合が多いです。そのため、初めての転職で詳しい書き方を知らない方へ基本的な作成方法をまとめました。

5ステップで完結!産業保健師の職務経歴書の書き方

産業保健師職務経歴書の書き方5ステップ

転職サイトでは、雛型を準備しているところがあります。基本的に、履歴書のような決まったフォーマットはありません。どのようなものを使っても良いです。

エントリー数が多すぎるとあらかじめ決まっていた期限よりもはやく締め切られることがあります。なるべくはやく作成をしましょう。

STEP
これまでの経歴・業務経験・スキルを振り返る

持っているスキルを全て書き出しましょう。看護以外の英語力や留学経験なども含めます。

病院施設名・病棟診療科・病床数・看護体制(リームナーシングなど)・役割(リーダー、委員会など)

実績があれば書き出し、何もない場合は自分の評価を書きましょう。数字で表すとより具体的に成果の大きさが評価できます。

STEP
自己分析をして自分の強み・弱みを理解する

自分の本来持っている強み・弱みを引き出すために自己分析を行いましょう。

自分が好きなこと、得意なこと、楽しいと感じる場面、SNSでよくフォローしている内容、成功体験、失敗体験など

幼少期から現在、将来像まで自分自身を見つめ直し、言語化してみましょう。

ストレングスファインダーを使った自己分析方法はこちらを参考にしてください。

STEP
企業分析をして求められている人物像をチェック

企業がどんな人材を求めているのかを理解するには、企業分析は必須です。

・企業の具体的な保健師活動内容
・企業の健康課題の特徴
・業種から予想される健康課題 など

産業保健師は企業分析が非常に難しく、ネットにも掲載されていないことが多いです。

具体的な企業分析方法は産業保健師転職のための企業分析方法を徹底解説!を参考にしてください。

STEP
企業に沿った志望動機を書く

企業がどのような保健師を求めているかに合わせて、志望動機を書きましょう。

【メンタルヘルス重視】
精神科経験をアピール
【労災防止や生活習慣病予防重視】
患者への保健指導経験をアピール
【人柄重視】
自分の人間性をアピール

企業が欲しいと思えるような人材に合わせて、自己アピールをすると採用率がアップします!

【例文あり】未経験産業保健師の志望動機の書き方と受かるポイントを参考にしてください。

STEP
他の誰にも負けない自己PRを作成する

高い倍率から採用されるには、自己PRは重要なポイントです。

他の誰にも負けない部分を明確にし、企業でどのように活躍できるか将来のビジョンまで入れると採用側も「あなたの入職後の姿」がイメージしやすいです。

【テンプレあり】職務経歴書の書き方(病棟看護師ver.記入例)

病棟看護師から産業保健師を目指す方のために記入例を作成しました。

病棟看護師メインのお仕事中心にまとめていますので、外来看護師やクリニック、保健師経験のある人は参考程度に作成をしてみてください。

書き方のルール

・色はモノクロ
・アピールしたい部分には下線を引く
・2枚程度に簡潔にまとめる

【サンプル】

複数エントリーする場合は使い回しもできるので、一つ作成しておくと後々楽になります。

早めに作成して何度も見返しながら添削するとクオリティも上がります!

看護師・保健師の職務経歴の要約

まずは今までどのような職種で働いてきたのか簡単に説明をします。

直近のお仕事だけでなく、今までの経歴をすべて書くこと。ここでは、簡潔さが重要です。長くても3~4行にまとめましょう。

大学卒業後、総合病院にて看護師業務に従事、現在に至る。

看護師・保健師などの職務経歴を書く

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

経歴を表す中心となる部分です。どこで、いつからいつまで、どんなことをしてきたのかが誰でも想像できるように書きます。

【記載項目】
・就職期間と病院名
 (病床数、常勤or非常勤)
・所属
・業務内容
・実績・貢献

病院の規模や実績などは数字で表すとわかりやすいです。

<業務内容>

業務内容はたくさんありますが、全て詳しく記入します。

・病棟看護業務(チームナーシング制)
・外来看護業務(診察の介助・処置・採血)
・検査(心臓カテーテル検査・大腸内視鏡検査・上部消化管内視鏡検査)介助
・感染症予防における患者様への保健指導
・糖尿病患者への教育指導
・静脈内注射・皮下注射の施行
・静脈内採血(真空管採血・シリンジ採血)
・点滴(輸液・輸血)管理
・中心静脈栄養法(中心静脈カテーテル挿入介助と管理)
・急変時対応

保健師を目指すのですから、保健指導などはしっかり入れましょう。

<実績・貢献>

こちらは、自分の実績を記入しましょう。成果は具体的数字を入れると良いです。

リーダーナース業務担当。
・指導者研修受講し、新人ナースへの教育を(プリセプター〇名など)行った。
・安全委員会・褥瘡委員会・感染対策委員会に従事。

上記を参考に、ここで職歴や能力、自分が頑張ってきたことをアピールしてください。

産業保健師は書類審査から落とされることが多いです。
まずはここで興味を持ってもらえるように工夫しましょう!

退職理由

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

ここではポジティブな退職理由を書きましょう。

・保健師を目指しているため
・キャリアアップのため

下記のようなマイナスワードは絶対にNGです!

NGワード

・病棟がきつかった
・夜勤が体に合わなかった

産業保健師向けのPCスキル

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

WordやExcelのスキルを記入する場所です。基本的に病棟では電子カルテしか利用していないことが多いですが、今の時代(平成生まれ以降)は学生の頃からしっかり学んできていることも記入してOK。

基本的な資料作成やグラフ作成、レポート作成などができれば大丈夫です。

・Word: 勉強会資料作成に使用、指導パンフレットに使用。
・Excel:SUM,IF関数など簡単な数式は可能。

業務で利用していればどのように使っていたか詳しく記入するとイメージが伝わります。

わかりやすい書き方のポイント

PCスキルをただ書くのではなく、「繁雑な業務に順位をつけ、正確かつ迅速に処理する能力があります」といった自分の能力や姿勢も接点として考えて書くと効果的です。

看護師保健師の保有資格

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

資格については看護師資格保健師資格で良いです。他に自動車免許などある方は記入しましょう。

他に第一種衛生管理者産業カウンセラー心理相談員などの資格があるとgood!

※第一種衛生管理者は保健師資格を持っていれば、申請するだけで取得可能です。
詳しい申請方法はこちらの記事で解説しています。

産業保健師で活かせる経験・知識等

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

ここは、今まで身に付けてきた力をアピールする場です。コミュニケーション能力、実践力で、協調性など自分の強みを出していきましょう。

今までの経験を具体的に記載し、どう保健師として活用していけるかをイメージしながら記入していくと書きやすいです。

ここでは、他の人と被らないようなものを入れると面接官の目を引くことができます。

自分の強みがわからないという方は自己分析【ストレングスファインダーの活用方法】を参考にしてみてください。

参考になる!『あなたの強み〇〇力』

・主体性
・実行力
・課題発見力
・問題解決力
・発信力
・傾聴力
・柔軟性
・ストレスコントロール力
・忍耐力
・協調性
・継続力
・計画性
・責任感
・マネジメント力
・リーダーシップ  など

企業で働くイメージをし、どのように活かせるのかを明確にできます。ストレングスファインダーには、強みを活かせるシーン具体例の記載があり、自己分析には欠かせないものです。

企業をイメージするためには、企業の仕組みや組織、保健師の立ち位置について理解を深めておくとスムーズです。

企業の仕組みや産業保健師の立ち位置についてはこちらの記事で解説しています。

産業保健師の自己PR・志望動機

看護師・保健師の職務経歴書の書き方

自分の志望理由をアピールする場所です。 自分の考えをしっかり述べましょう。

ここでは高い文章力が必要です。きちんと伝わる文章でないと読まれでも相手の心に響いていないと書類選考で落とされてしまいます。画像のようにPREP法を使って文章を書くとまとまりの良い文章になります。

・なぜ保健師になりたいのか?
・なぜ産業保健師になりたいのか?
・なぜこの会社を選んだのか?

詳細な志望動機の書き方は【例文あり】未経験産業保健師の志望動機の書き方と受かるポイントこちらの記事を参考にしてください。

職務経歴書に自信のない方は転職エージェントに添削を依頼しよう

職務経歴書ができた方は、ぜひたくさんの人に読んでもらってください。

自分をよく見てくれている家族、友人などに呼んでもらうと自分では気づかなかった強みを知ることができます。

さらに一番ベストな方法は担当エージェントに添削してもらうことです。応募する企業がどんな人を求めているのか、エージェントは詳細を知っていることが多いので、ぜひ一度確認してもらいましょう。

産業保健師の職務経歴書の書き方【まとめ】

職務経歴書の書き方がわかれば、あとは自分をどれだけ上手にアピールできるかが勝負です。

➡「採用側に聞いてみた!職務経歴書のポイント&絶対にやってはいけないこと」

面接官はたくさんの職務経歴書を読んでいます。他の人と同じようにならないためにも、少し大げさに書いて自分をアピールして採用側の目を引くポイントを意識して入れましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次