\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

うつ状態で看護師退職を考えるなら「失業保険よりも傷病手当」が損しない

  • URLをコピーしました!

本記事はプロモーションを含んでいます。

看護師はうつ病になりやすい職業です。特に1〜5年目の若手の看護師は精神的な負担を抱えることが多く、離職のほぼ9割が精神的ストレスを抱えて退職します。

うつ状態だと分かっていながら自己都合退職し、後に苦しむ看護師が非常に多いです。その結果、失業手当をもらいながら生活をする「ニート看護師」も多く、看護業界では当たり前になっています。

しかし、このケースでは失業手当よりも傷病手当を受け取るのが適切です。この社会保険制度を利用しなければ、生活や転職が厳しく泣き寝入りする看護師が増えています。

うつ状態など何らかの症状が出現している場合は「傷病手当金」を受け取ることができるので、安心して生活が送れるように、初めての方でもわかりやすく傷病手当の解説をします。

目次

うつ状態で退職する看護師の悩み

看護師は離職率が高いのに、社会保険制度を利用しない人がとにかく多いです。退職すると様々な悩みが出てきます。

・退職後の生活費が不安
・退職したいけど、すぐに転職できない
・短期間での離職は次の転職先が見つからない

看護師は特に精神状態が悪く、うつ状態で辞めてしまい、失業保険を受けながら生活する人も多いです。

心身ともに休める期間を自分で作りがちですが、実は傷病手当を利用するとより長く給料を貰いながら、看護師生活を続けられたり、安心して転職することができます。

看護師退職の残念な現状【傷病手当を知らない】

傷病手当金の支給対象者は年間580万人

しかし、実際に支給を受けた人年間3万人!

0.5%の人しか給付金制度を受けていないことになります。年間577万人はサポートがあれば支給を受けられたかもしれません…!

特に看護師「休職したら終わり」「なるべく休職は避けたい」「傷病手当金が貰えることを知らない」など社会保険を受ける権利があるのに利用せず、退職してニートになる人が多いです。

私も知っていれば、利用していたのに…と悔しい思いをしました。

給付金があれば助かること

  • お金を気にせず、安心した生活が送れた。
  • 仕事の選択肢が広がる(一度休職し、看護師を再開することで負担が減る)
  • 無理して働く必要がなくなり、体調が改善された。

※保険料は支払っているのに、利用しなければ総額数百万の権利を手放していることになります。

【看護師が貰える傷病手当金】制度を利用していればこれだけ違った!

退職後、失業保険を利用しながらニート生活をしていました。うつ状態になり、身体的精神的にも疲弊しきっていて、すぐに働けなかったからです。

しかしながら、現在は保健師として休職者の対応や職場復帰サポートをしていますが、看護師をしていた過去に戻れるなら「傷病手当」の利用を必ずします。

看護師の退職例(自己都合退職)をもとに支給比較をすると、どれだけ損していたかが明らかです。

給付金なし給付あり
・失業保険3ヶ月分(約45万円)
・3月末退職で支給期間が早くて6~9月
・最大5ヶ月約50万円
・傷病手当金(給料の3分の2支給)
 →最大1年6ヵ月支給(297万円
5ヵ月82.5万円
※給料月25万の場合

うつ状態でも心療内科では診断書を書いてもらい、休職することができます。「心療内科に行ったらいよいよ終わりだ」と言われていた病院の雰囲気も良くない点でした。

休職し、その後退職をすると傷病手当+失業手当が貰えるのも最大のメリットです。

うつ状態でも診断書に記載してもらい、傷病手当を受けることができます。

うつ状態よくある症状チェック
  • 口数が減る
  • イライラしている
  • 朝や休日明けに調子が悪い
  • 遅刻、欠勤が増える
  • だるさを訴える
  • 興味や喜びがなくなる
  • 思考力、集中力が低下している
  • 死にたいと思う

このような症状がある方は、心療内科を受診し傷病手当金を受け取ることをおすすめします。

看護師が傷病手当金を受給するための方法

一般的に、労働者が「うつ状態」で傷病手当を受け取るための流れは以下の通りです。

STEP
心療内科を受診し診断書をもらう。

職場へ今の状態を伝えるには、診断書が必要です。まずは心療内科を受診し、休職が必要だと判断された場合に医師より記載してもらうことができます。(症状がある方は貰えることが多いのでとりあえず受診してください)

STEP
診断書を職場へ提出

上司(病棟の場合は師長)へ状況を説明し、診断書を提出。事務で処理している場合もあるので確認をしましょう。

STEP
健康管理室スタッフと調整

病院の健康管理室保健師からフォローが入ります。休職中はサポートしてもらいましょう。

大まかな流れはこのように上司を通して行われますが、「休職したい」と言いにくい状況が多いです。「働けないなら退職を」と勧められることも多く、快く受け入れてくれる職場は少ないです。

自分から職場へ伝えにくい場合や社会保険のことが分からず手続きが大変な場合は、社会保険に詳しい専門家(社会保険給付金サポート)に任せるのがおすすめです。

社会保険給付金サポート会社口コミ評判ランキングTOP3

社会保険給付金を受けたいけど、手続き方法がわからない場合申請しているけど健保や人事の対応が悪く、なかなか進まない場合はサポート会社をおすすめします。

スクロールできます
項目退職コンシェルジュ全国退職者支援会失業保険エージェント
対応エリア47都道府県OK47都道府県OK47都道府県OK
手数料の
安さ
給付金受給額の10~15%
(相場平均15%)
期間限定割引55,000円(税込)
※通常は110,000円(税込)で相場と比較して非常に安い金額
不明
サポート
内容
・サービス開始前のウェブ説明会あり
・サービス開始前のウェブ面談あり
申請が通らなかった場合、費用負担ゼロ
・サービス提供方法はChatwork(チャットツール)
・サービス提供機関は給付満了までの無制限利用
・サービス開始前のウェブ面談あり(期間限定)
申請が通らなかった場合、費用負担ゼロ
・サービス提供方法は、会員サイトにて申請手順の共有、LINEやメールでの個別サポート
・サービス提供機関は、給付満了までの無制限利用
サービス開始前のウェブ面談あり
サポート
実績
・給付実績2800件以上(7年間)
顧客満足度98%
・相談件数合計2万件以上(3年間)・相談件数5000件以上
(1年間)
再就職手当の対応可能不明不明
その他
メリット
・株式会社が運営しているため信頼できる。
2016年から継続している老舗店。
・退職代行サービスも運営しており、依頼可能。
・合同が運営しているサービスで信頼できる。
2019年から継続している。
・退職代行サービスも運営しており、依頼可能。
・特になし

3つのサービスのなかでも、特に安心して利用できる社会保険給付金サポート【退職コンシェルジュ】の利用を一番おすすめします。

退職コンシェルジュの特徴

退職コンシェルジュは、全国で初めて給付金申請サポートのサービスを提携している会社です。

専門コンシェルジュによる個別相談で、その人に適した利用方法を提案
・サポート体制(サポート専門メンバーの配置、自動自社システムを利用可能)
・受給完了までのフルサポート
・万が一の全額返金保証あり
・12ヶ月間の分割対応あり

退職コンシェルジュを利用する人の特徴

全国どこにいても利用可能で、利用者の男女比は5:5で半々です。

利用者で多い職業

看護師
・IT企業
・地方公務員
・私立学校職員
いわゆるブラックと言われる職業が多いです。

看護師は離職率が高いにも関わらず、社会保険の制度を上手に利用できている人がかなり少ないです。

退職コンシェルジュをおすすめする人

・退職希望の方
・20~59歳
・通院中(以前に通院したことがある方)
・情報や制度に疎い方(自分で調べてもわからない方)
・社会保険に1年以上加入している方

病気退職から1年以内で就職していない方は利用可能です。

病院や保険組合の対応が悪く、支給までに時間がかかったり、支給されなかったりといったトラブルにも対応しています。

退職コンシェルジュをおすすめしない人

・すぐ転職を希望の方
・退職済みの方(病気退職は除く)
・60歳以上の方
・年収250万円以下(月額20万円以下)

上記の方は、給付金が受けられない人が多いためおすすめできません。

\ 相談無料 /

退職コンシェルジュの利用実績

退職コンシェルジュは給付金サポート会社でも利用実績が特に高いです。

満期受給率が97%と非常に高い
年間20,000件以上の相談実績

東京都内に多数の提携病院(クリニック)もあるので安心して利用できます。

さらに、顧問弁護士顧問社会保険労務士監修のもと、各メディアにも紹介されています。

うつ状態で看護師退職【傷病手当】の利用で損しない方法

  • 看護師は社会保険の利用が非常に少なく、損している。
  • うつ状態でも最大1年半休職でき、傷病手当金(給料の3分の2)が貰える。
  • 給付金の利用で安心して休むことができ、将来の幅が広がる。(ニートにならなくて済む)
  • 元の職場へ復帰できたり、休職中は転職のための勉強ができる。

\ 相談無料 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次