\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

産業保健師になれない!就職は難しい!?内定を貰うために見直すポイント

  • URLをコピーしました!

企業看護師産業保健師を目指す皆さん、なかなか内定をもらうのは難しいですよね。

産業保健師が難しいとされる理由はこちらの記事にまとめています。

諦めたくなる気持ち、ものすごくわかります。ですが、諦めるのはまだはやい!!

この記事は、本気で産業保健師になりたい方向けです。

  • 産業保健師を目指したいけど、求人がないと言われた
  • 面接を受けても倍率が高く難しい
  • 未経験、小児科・手術室経験で強みがない
  • 難しいからあきらめようと思っている

このような方に向けて、「諦める前に見直してほしい3つのポイント」を未経験で産業保健師になった経験をもとに解説しています。

この記事でわかること

◇紹介会社にたくさん登録する
◇ひたすらエントリーする
◇もう一度履歴書と職務経歴書を見直す

★Hanaの産業保健師転職履歴
産業保健師への転職経験2回
(契約社員⇒正社員)
エントリー数 20社
書類審査通過数 10社
転職活動期間 9ヶ月⇒経験談

目次

保健師転職の心構え【努力し続けることで夢は叶う】

保健師転職の心構え【努力し続けることで夢は叶う】

産業保健師になれる方法は、まずは諦めないこと。

成功者や産業保健師になった人の話を聞いていると「これをやる!と決めた人は成功する」と言います。

そんなわけないでしょ。綺麗事ばっかり。

私もずっとそう思っていましたが、産業保健師は諦めきれず挑戦し続けた結果、正社員になることができました。

目標を達成できるまで努力し続けているから必ず叶うのです。私はこれに気づいてから、私は努力することを地道に続けていこう、と思い過ごしています。

産業保健師になるまでにやったこと

①とりあえず紹介会社にたくさん登録する
②ひたすらエントリーする
③もう一度職務経歴書を見直してみる

とりあえず紹介会社に登録しまくる

保健師求人はありますか?と積極的に声をかけ、今出ている求人を網羅していくことが内定をつかむポイントです。

たくさん紹介会社に登録しましょう。ポイントは、有名なものから聞いたことのないものまで登録することです。

その理由紹介会社が非公開求人にして、最初から制限をしている場合もあるから。全ての紹介会社に、すべての求人が来ているわけではありません。

私は、ひとつ、ふたつではなく、10社程登録しました。

産業保健師求人は取り扱っているところが少ないので、こちらにピックアップしています。

ひたすらエントリーしまくる

産業保健師になるまでにやったこと

「ちょっと距離がある・・・」
「給料が少ない・・・」
「休みが少ない・・・」

いろんな条件を考えてしまうと思います。通勤距離、給料は生活する上ではとても大事ですよね。

しかし、産業保健は条件が良いほど経験者優遇で倍率が100倍に跳ね上がることもあるので厳しくなります。

産業保健師に携わることができれば、どこでもいい!という強い気持ちのある方はやはり強いです。

「給料がいいから」「楽だから」という理由だけで受ける人も多く、事業所側もそれを非難して慎重に採用しています。

私は、求人があればすべてエントリーしていました。片道1時間半かかるところにまでもいきました。確かに通勤は大変になります。

「面接の練習にでもなれば」「会社を一度見てみよう」「少しでも産業保健師の仕事ができれば」と思い挑戦していました。

今、産業保健師になって言えるのは、会社にはそれぞれの特徴があり、雰囲気も全く違います。いろんな会社を知っていくなかで、自分にどこが合うかを判断する材料にもなりますので、ぜひエントリーして受けてみてください!

興味を引く内容であるか?職務経歴書を見直す

書類選考が通らない方は、職務経歴書を見直してみましょう。

書類は文字でしか自己アピールができませんので、ここで「この人に会ってみたい」と思わせる技が必要です。誰でも書けるようなものは避けましょう。

Sparkly Woman | 保健師ブログ
書類選考を通過した産業保健師の職務経歴書の書き方【志望動機/自己PR例】 産業保健師を目指したい、職務経歴書の書き方がわからない、エントリーしても書類審査が受からないという方へ、職務経歴書の書き方まとめ。高い倍率を突破するには、まずは...

一番自分をアピールできるものは、志望動機や活かされる能力です。

誰しも何かしらの経験をしてきているので、「自分にはなにもない」と思わないこと。

看護師の経験からも、コミュニケーション力や判断力、協調性などたくさん身に付けてきた部分はあると思います。自分が今後どうしていきたいかを含めて記載できると、企業側に良い印象を与えることができます。

まとめ

産業保健師は、全国に約6000人しかおらず、とても厳しいと言われています。いくつか面接を受けて、諦める方が多いです。

しかし、諦めずに挑戦し続ければ憧れの産業保健師になることができます。

本気で産業保健師を目指しているのであれば、頑張ってください!!何かわからないことがあれば、気軽にご相談くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次