\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

【超危険!】看護師退職代行でよくある失敗例と安心できる業者の選び方

  • URLをコピーしました!

本記事はプロモーションを含んでいます。

看護師はすぐに退職することが難しく、年度末でないと退職できなかったり、退職が許されなかったりと辞められない状況にあり、新卒や中堅看護師でも退職代行を利用者は多いです。

しかし、退職代行を使っても失敗して退職できなかったりトラブルが起こるケースもよく見られます。

失敗してしまうとさらに人間関係が悪くなったり、職場に居づらくなってしまうため、失敗しないように細心の注意が必要です。

本記事では、初めて退職代行を利用する人向けに、実際に退職代行を利用した方のインタビューをもとに「退職代行でよくある失敗例」「退職代行の選び方」を解説しています。

「看護師を辞めたいけど、辞めさせてもらえない。」「退職代行を利用したいけど、ためらっている」という人は安全で、確実に退職できるように退職時に必要な知識を身に付けましょう。

スクロールできます
おすすめ業者サービス費用特徴
退職110番弁護士43,800円退職先とのトラブルにも強い
退職代行ガーディアン労働組合24,800円安価で確実に退職可能!
退職代行Jobs一般法人27,000円看護師の退職実績あり!
看護師におすすめ退職代行サービス
目次

看護師の退職代行利用者の声

看護師の退職代行利用者は年々増えてきています。退職代行を上手く選び利用できれば、職場の人と顔を合わせずに即日退職をすることも可能です。

その後の転職先も無事決まり、安心して今現在の生活が送れている人も多くいます。

看護師が利用する退職代行の失敗例

「退職代行」を利用して若手看護師が辞めるケースが増加しています。しかし、その際に詐欺に遭うこともあるという報告があります。

退職代行を利用する際には、注意が必要です。失敗例と対策について見ていきましょう。

【よくある失敗例】
1.急に連絡が取れなくなる
2.業者自体が閉鎖
3.職場が退職を受け入れず、退職できなかった
4.病院側が退職代行からの連絡を拒否

1.急に連絡が取れなくなる

【超危険!】看護師退職代行でよくある失敗例と安心できる業者の選び方

退職代行は、多くが事前に料金を支払います。しかし、支払いをしたにもかかわらず数日が経過しても連絡がないというケースがあります。これは詐欺の可能性が高いです。

実際にあったケース

業者から一度だけ退職の電話があり、それ以降何の連絡もなく、結局退職手続きが完了しなかった。

業者と打ち合わせを重ね、退職手続き完了後までサポートしてくれるのか確認をしましょう。

2.業者自体が閉鎖

【超危険!】看護師退職代行でよくある失敗例と安心できる業者の選び方

退職交渉をしてもらってはいたが、依頼していた業者が警察によって非弁行為で閉鎖されたされたというケースもあります。

非弁行為とは

弁護士の資格を持たずに弁護士業務を行うこと

本来、職場と退職条件について介入できるのは弁護士のみです。弁護士が在籍している退職代行業者を選ぶことをおすすめします。

3.職場が退職を受け入れず、退職できなかった

【超危険!】看護師退職代行でよくある失敗例と安心できる業者の選び方

退職代行業者には、依頼者の退職意向を伝えるだけのところもあります。きちんと職場との話し合いができないまま、退職許可が下りなかったケースがあります。

退職意向を伝えられた後の手続きは結局自分でしなければならなかったという事例もみられます。

きちんと業者へ退職手続きが完了するまでサポートしてくれるかどうかを確認しましょう。

4.病院側が退職代行からの連絡を拒否

【超危険!】看護師退職代行でよくある失敗例と安心できる業者の選び方

退職代行が病院に連絡を入れる際、病院が拒否する場合もあります。これはまれなケースですが、応じてくれないブラック病院であれば起こり得ます。

滅多にないケースですが、何度退職の意向を伝えても応じてくれないほどのブラック病院なら、そもそもの業者からの連絡を拒否することもあり得ます。

注意:実際にネット上でこのような声も上がっています。

勤務先の対応の様子を見ながら、過去に退職代行の失敗例があり、失敗する可能性がある場合は、弁護士に依頼することを強くおすすめします。

看護師が退職代行を利用するデメリット

看護師が退職代行を利用するデメリットはトラブルが起きる可能性があり、今後の転職先にも響く事があります。

失敗しないよう代行業者選びは慎重に、上手く利用しましょう。

退職代行を利用するデメリット

・退職の引き留めに遭う可能性がある
・職場とトラブルを引き起こす可能性がある
・転職先に響く

退職の引き留めやトラブルに遭う可能性がある

病院は退職に対する厳しい独自のルールがあるかもしれません。人手不足が懸念される病院は、安全第一で引き留めに合う事が多いです。

代行業者が病院へ退職代行を通しての連絡を依頼しても、無視して病院が本人へ連絡するケースもみられます。

職場とトラブルを引き起こす可能性がある

病院側は突然退職の意向を伝えられるので、不利になることばかりで負担でしかありません。

退職代行について悪い印象を持っており、弁護士や労働組合ではなく一般企業に依頼をしてしまうと、トラブルを引き起こす可能性があるので退職代行業者選びには注意しましょう。

狭い世界だから転職先に響く事がある

退職代行の利用者は増えていますが、一般的な退職方法ではないため、レアケースとして噂が広まりやすいです。

世間は狭く、医師や看護師は病院同士でつながっている事があります。「〇〇さんは以前退職代行を使って辞めたらしい。何か問題がある人なのでは」と転職先で人間性を疑われることもあります。

同じ地域や近隣の病院で転職を検討している場合は慎重に使用しましょう。

看護師が退職代行を利用するメリット

看護師が退職代行を利用するメリットは病院のルールに関係なく退職できること、退職関係のストレスが軽減されること、お金の面でプラスになることです。

ほとんどの看護師が諦めて損している部分を代行にお任せする事ができます。

退職代行を利用するメリット

・病院独自のルールがあっても労働基準法に則って退職できる
・退職までのストレスが減り、転職活動に専念できる
・苦手な上司と顔を合わせずに済む
・有給休暇や未払い残業代の交渉ができる
・即日退職ができる

病院独自のルールがあっても労働基準法に則って退職できる

労働基準法第627条では、雇用期間の定めがない場合は14日前に退職意向を伝えれば退職可能となります。

法律では認められていますが、法律に関して詳しくないと上手く対応ができません。退職代行は法律に詳しく、病院への交渉ができない看護師の手助けをしてくれます。

よくある病院独自のルール

・年度末の退職
・退職は6ヶ月前から伝えなければならない
・上司との面談で許可が出たら退職可能

退職までのストレスが軽くなり、転職活動に専念できる

日々の激務で疲弊している看護師は、退職の手続きでさえも大きなストレスになります。

退職時のストレス

・師長へ退職意向を伝える時間がなくタイミングを失う
・「面談で詳しく聞くから」と先延ばしにされる
・引き留められ、何度も面談される

夜勤明けで1時間面談を何度も繰り返されることもあります。これ以上自分への負担をかけたくないという場合は、退職代行を頼っても良いでしょう。

退職の手続きを全て退職代行に任せることで次への転職に専念することもできるので、潔く区切りをつけたい人にはおすすめです。

苦手な上司と顔を合わせずに済む

退職代行はあなたの代わりに病院へ退職の意向を伝えてくれます。いじめパワハラを受けている場合は、師長へ退職を伝えることでさらにひどい仕打ちを受けることも少なくはありません。

病院側の状況や対応にもよりますが、退職代行へ依頼後はそのまま職場に顔を出さずに辞められることがほとんどです。

退職に必要な書類はもちろんのこと、貸与品(白衣や職員証など)の返却も職場へ向かう必要はなく、郵送で全て完結できます。

今現在パワハラを受けており、上司に退職を伝えられる状況でない場合は退職代行に頼るべきです。

有給休暇や未払い残業代の交渉ができる

病院でよくある退職時に有給休暇を捨てずに、さらに未払いの残業代は交渉し受け取ることができます。

弁護士と労働組合に依頼する場合、退職代行の作業はもちろんのこと、有給休暇それまでの未払い残業代も交渉する事ができるので退職代行を選ぶ時はどこのサービスかを確認しましょう。

退職代行サービスの種類

弁護士:交渉可
労働組合:交渉可
民間企業:交渉不可

誰もが退職時に「有給休暇は全て使える」「残業代は請求できる」と知ってはいるものの、やはり病院独自のルールで多くの人が諦めています。代わりに交渉してくれるのは非常にありがたいです。

即日退職ができる

労働基準法では2週間後に退職できると説明しましたが、今すぐにでも辞めたい!という人もいます。

民法第628条には「やむを得ない事由がある時は、各当事者は、直ちに契約の解除をする事ができる」とあります。

体調不良(抑うつ状態を含む)などやむを得ない理由があり、病院が了承すれば即日で退職ができます。

さらに、やむを得ない理由がなくても退職代行が交渉して有給休暇を取得できれば、ゆっくり休暇を過ごし、即日退職する事ができます。

失敗しない!看護師退職代行の選び方

退職代行が行えるのは弁護士・労働組合・一般法人の3種類あります。安い退職代行ほど失敗するリスクは高いので注意が必要です。一般法人は比較的安いですが、弁護士が監修している業者を選びましょう。

退職代行を利用する際のポイントは以下の4つです。

  • 事前調査の重要性: 退職代行業者を選ぶ前に、信頼性や実績を確認しましょう。口コミや評判、利用者の声を参考にしましょう。
  • 契約内容の確認: 契約書や利用規約をよく読み、料金体系やサービス内容、返金ポリシーなどを確認しましょう。特に、事前に支払う料金については明確に理解しておくことが大切です。
  • 相談窓口の存在: 退職代行業者には、問題や疑問が生じた際に相談できる窓口があるかどうかも確認しましょう。適切なサポートを提供してくれる業者を選ぶことが大切です。
  • 自己保護の意識: 退職代行業者を利用する際には、自己保護のための対策も考えておきましょう。契約書の保存や通信記録の取得など、トラブルが発生した際に有用な情報を残しておくことが重要です。

看護師退職代行のおすすめ業者TOP3

看護師におすすめの退職代行は、冒頭でもお伝えしたように確実に退職できるサービス業者で、トラブルが起こりにくい弁護士労働組合です。

一般法人であっても労働組合と提携している業者を選べば、万が一のトラブルにも対応してくれます。

スクロールできます
おすすめ業者サービス費用特徴
退職110番弁護士43,800円退職先とのトラブルにも強い
退職代行ガーディアン労働組合24,800円安価で確実に退職可能
看護師退職実績あり!
退職代行Jobs一般法人27,000円弁護士監修!
看護師の退職実績あり!
看護師におすすめ退職代行サービス

詳しい比較記事はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
今スグ辞めたい!看護師におすすめ退職代行サービス比較まとめ 看護師は退職意向を伝えても認めてもらえなかったり、年度末の3月にしか退職できなかったり、モヤモヤしていませんか? 病院は特に特殊で全国的にブラックな職場も多く...

退職110番【弁護士運営おすすめ】

費用:43,800円で料金一律

退職110番は、弁護士が行うため確実に退職をすることができます。(弁護士法72条で代理交渉権有)

しかし、弁護士の人件費が加算されるため費用が高くなります。詳細なヒアリングも必要となりますので、少し手間がかかってしまうことがデメリットとしてあります。

こんな人におすすめ

・周囲から見てもブラックで交渉に難航すると予想される
・トラブルなく円満に、確実に退職したい
・安心・安全を第一としている

ブラック病院で退職に難航する可能性がある人におすすめ!

退職100番おすすめポイント

未払い金請求慰謝料請求(セクハラ・パワハラ)など、各種請求・交渉に完全対応!

社会労務士および弁護士資格を持つため、様々な労働問題に関する知見・ノウハウを持ち、法律上のトラブルに対してもしっかりと対応が可能です。

\ まずは相談から /

退職代行ガーディアン【労働組合運営のおすすめ】

費用:24,800円で料金一律

弁護士のような職務規定が無いため、ヒアリングも少なく簡単に利用できます。

一般法人と同じ人件費水準のため、費用も安く利用でき、確実に退職ができます。(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)

労働組合法により、団体交渉権や団結権が保障されています。法律に則って行う為、違法になることはありません。

こんな人におすすめ

・なるべく費用を抑えて、確実に退職したい!
・実績のある会社に依頼したい
・負担なく簡単に退職したい

ガーディアンは大手で実績も多数あるから安心して利用できます!

カーディアンのおすすめポイント

東京都労働委員会認証の法適合合同労働組合。

民間企業と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

\まずは相談から/

退職代行Jobs【一般法人運営のおすすめ】

費用:27,000円
退職意向を伝えた後、交渉が必要になったら+4,000円で労働組合に加入できる

費用を最小限に抑えたい人でも簡単に利用できます。看護師の実績があることでも有名です。

デメリットとしては、違法性高くトラブルが起こりやすいのが特徴です。弁護士法72条で「代理交渉は弁護士法違反」となっています。

一般法人のリスクは「退職の意向を伝えるだけ」の退職代行があること。しかし退職Jobsは労働組合との連携を開始し、より安心感はアップしましたが、交渉が必要なときは追加料金がかかることに注意しましょう。

こんな人におすすめ

・奨学金を抱えていて費用がかけられない
・貯金がない
・看護師実績のある業者にしたい

業界初!弁護士が表に出て退職代行の安全性を守っています。一般法人でも安全性が一番高いです。

退職代行jobsのおすすめポイント

顧問弁護士監修の退職代行。顧問が表に出ている業者はここだけ!

顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しているため、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。

あえて、弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!

\ まずは相談から/

看護師の退職代行まとめ

退職代行を行っているのは、【一般法人】【弁護士】【労働組合】の3種類です。

トラブルを起こしたくない方は、退職代行ガーディアン(労働組合)、退職110番(弁護士)の利用がおすすめです。

スクロールできます
おすすめ業者サービス費用特徴
退職110番弁護士43,800円退職先とのトラブルにも強い
退職代行ガーディアン労働組合24,800円安価で確実に退職可能
看護師退職実績あり!
退職代行Jobs一般法人27,000円看護師の退職実績あり!
看護師におすすめ退職代行サービス

さらに、退職前にうつ病などで休職したい、社会保険を最大限に利用し損したくない人は、社会保険サービスも利用できる退職コンシェルジュを選びましょう。

参考記事:うつ状態で看護師退職を考えるなら「失業保険よりも傷病手当」が損しない

あわせて読みたい
今スグ辞めたい!看護師におすすめ退職代行サービス比較まとめ 看護師は退職意向を伝えても認めてもらえなかったり、年度末の3月にしか退職できなかったり、モヤモヤしていませんか? 病院は特に特殊で全国的にブラックな職場も多く...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次