\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

書類選考を通過する履歴書の書き方【看護師・保健師転職のキホン】

  • URLをコピーしました!

転職の際に履歴書は必須です。

履歴書は書類選考を通過する際にとても大事な書類となります。丁寧に、礼儀を踏まえて書くことを心がけましょう。

・学生以来書いたことがない。
・もう忘れてしまった。どう書いたらいいの?
・どこで手に入れたらいいの?100均のものでもいいの?

このような方へ向けた記事となっています。

今回は看護職向けとなっていますので、そのまま記入し使用することができます。

また、履歴書ダウンロードもできます。

★Hanaの産業保健師転職履歴
産業保健師への転職経験2回
(契約社員⇒正社員)
エントリー数 20社
書類審査通過数 10社
転職活動期間 9ヶ月⇒経験談

目次

履歴書準備

まず、履歴書を準備しましょう。学生時代は手書きで書いたという方がほとんどだと思います。

しかし、現在はペーパーレス化が進み、Wordで記入したものでもOKなところが多いです。

いくつもの事業所へ発送するため、時間の短縮にもなりますのでひとつ書いておくだけでOKです。

用紙は指定でなければどこのものでも可。100均でも売っていますが、もし不安な方は下記のものをダウンロードして使用してください。

※印刷用紙は真っ白な紙で良いです。シートに西暦早見表シートを追加しています。

履歴書の選び方(手書き or Word)

履歴書は手書き、Wordのどちらでも構いません。

特に指定がなければ、それぞれのメリット・デメリットを確認して検討しましょう。

手書きの場合

デメリット
メリット
  • 誤字があると何度も書き直す必要がある。
  • 用紙が汚れてしまったり、折れ曲がってしまった場合、書き直す必要がある。
  • 1枚ずつ書くため数枚提出する場合は時間がかかる。
  • 丁寧に書くことで、字体から性格が読み取れる。綺麗な方は好印象を与えられる。
  • 文字数に制限がないので、たくさん書きたい場合は調整可能。
    (書きすぎ・読みにくい文字は注意です)

Wordの場合

デメリット
メリット
  • 文字から性格やその人をイメージできない。
  • 誤字があっても書き直しがすぐにできる。
  • 直前に書き直し可能。
  • 一度書いておけば何度でも使用可能なため、次の転職でも利用できる。

※保健師を目指す方へ

保健師は事務作業が多いため、パソコン技術も必要とされます。

そのため、Wordで作成をしても悪い印象を与えることは少なく、むしろパソコンができる人という能力をアピールできます。

あまり躊躇せず、Wordを使用して良いでしょう。

履歴書の書き方のポイント

基本的なポイントをまとめました。学生時代、履歴書を書くときに教わるものです。

これさえ押さえていれば、マナーとしてはOKです。

  • 記入日、生年月日、入社年月日などは西暦で統一する。
  • 住所は住民票に記載されているもので、省略しない。
  •  (例:〇〇県〇〇市〇〇1番地12号)
  • 学校名は正しく記入し、省略しない。
  •  (例:高校✖ 高等学校〇)
  • 資格名は正しく記入する。
  •  (例:運転免許✖ 普通自動車第一種免許)
  • 資格取得予定の方は「取得予定」と記入する。
  • 写真はスーツ着用・背景が無地のもの・帽子やアクセサリーなどは付けない)
  • 職務経歴書が不要な場合は志望動機を記入する。

書類審査を通過する志望動機の書き方はこちらで解説しています。

職務経歴書と履歴書の志望理由は同じでいいの?

職務経歴書と履歴書で志望動機の欄が2つある場合、職務経歴書をメインに志望動機を書きましょう。

以下3つの書き方があります。

①履歴書の志望動機欄を削除する。
履歴書の方には職務経歴書で記載した志望動機の要約を記入する。
③履歴書の方に「職務経歴書参照」と記入する。

私は履歴書の志望動機欄を削除しました。特に指摘されることなく、先方を混乱させることもなかったです。

まとめ

履歴書は正しく書くことが基本です。書類選考を通過するために一番最初にアピールする正式書類になりますので、手を抜かず丁寧に記入をしましょう。

一度書いておくと、そのまま次も使用することができるので、まずひとつ基本となるものを作っておくことをおすすめします。

そのほか、なにかご不明な点がございましたら気軽にお問合せください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる