\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

小児科看護師が病院以外で転職するならここがおすすめ!転職先5選

  • URLをコピーしました!

本記事はプロモーションを含んでいます。

小児科の転職は幅が狭く、難しいと感じている方は非常に多いです。

新卒で小児経験しかない場合は不安も多く感じますが、小児経験だけでもスキルを活かせる職場はたくさんあります。

今回は小児経験を活かしたい、子どもの看護がしたい方向けにおすすめの転職先を紹介します。

目次

小児科看護師の転職先5選

子ども病院

小児科のある病院に転職しても、必ず小児科病棟へ配属されるとは限らない。

配属先が不安で転職を前向きに転職しにくいという声は多いです。

子ども病院は対象が全て小児になるので、配属先の心配はありません。子ども病院なら絶対に子どもと関われるからという理由で選ぶ人は多いです。

大学病院や総合病院の小児科は内科外科も混合ですが、子ども病院は分野ごとに特化しているので働きやすいです。

訪問看護師(小児)

小児特化型の訪問看護があります。訪問看護は国からの助成金が受け取れるので、給料は高いです。

ケアも手厚く、看護師や介護士と2人で巡回するタイプもあり、初めての方でも安心して勤務できます。

業務内容

・医療ケア(点滴や注射など)
・医療機器の使い方や簡単な医療ケア等の指導
・日常生活ケア(入浴、食事介助など)

小児科は在宅医療が必要な患児も多く、在宅用人工呼吸器など入院中に利用しており訪問看護でも同様のケアができるので転職しやすいです。

保育園看護師

もう病院で看護師はしたくない!という方におすすめなのが保育園看護師です。

子どもが好きでゆっくり関わりたい人が転職先として選ぶことが多いです。

業務内容

・園児の日々の体調管理や指導(アレルギー対応、食中毒や感染症予防など)
・遠足や園外保育などの同行
・保健だより作成など家族への情報提供

日勤で9時~16時などもとから時短勤務の形で募集しているところもあり、家庭や育児との両立もしやすいので人気が高い職業です。

看護師業務だけでなく、保育士業務を任されるところは多忙で大変です。職場選びは慎重にしましょう。

行政保健師(母子保健担当)

保健師の資格を持っている人は行政保健師(保健センター)へ転職をするのもキャリアアップになります。

業務内容

・妊娠届
・妊婦健康診査
・「こんにちは赤ちゃん」訪問
・乳幼児健康診査
・予防接種
・育児相談案内
・育児サークル案内
・不妊治療費助成事業

入職の際は年齢制限があるので注意が必要です。

乳児院看護師

乳児院とは、看護師や保育士、栄養士、ソーシャルワーカーなどがチーム一体となって、家庭の事情で養育が困難になった乳幼児の「健やかな成長」をサポートする児童福祉施設のこと。

乳児院で乳児の健康や生活支援をするお仕事です。必要時、病院受診の付き添いなどを行います。

業務内容

・健康管理
・医療措置、服薬管理
・他スタッフへの健康指導
・家族への対応(状況報告など)
・日常生活の介助

小児科看護師におすすめの転職サイト

1位レバウェル看護

・全国各地対応で24時間の電話対応
好条件の非公開求人多数!
・各地域に専任のコンサルタントがいるので地域密着型で安心

Web登録後、当日または翌日に電話が来るのでお時間に余裕を持って登録するのがおすすめ!

2位ジョブセンター看護

看護求人 JobMedley

自分で探すリサーチ型なのでしつこい電話がなく、マイペースに利用できる。
・職務経歴を登録すればスカウトメールが届く。
ハローワーク求人も掲載されているので同時に行政求人も探せる。
(母子保健担当の保健師希望の方はおすすめ)

求人案件数最大級なので、数少ない小児求人が見つかる!

3位ナースではたらこ

登録者限定の非公開求人がある。
・他サイトで気になる求人がある時は、エージェントへ相談できる。
給与交渉が得意。

他転職サイトで気になる求人があった時に、こちらで相談して応募できました!相性の良いエージェントと出会えれば利用しやすい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次