\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

産業保健師面接の逆質問で意識すべきこと【採用されやすい質問例あり】

  • URLをコピーしました!

本記事はプロモーションを含んでいます。

産業保健師の転職はとにかく倍率が高く難しいです。面接を受ける段階に行くのも難しいですが、採用はさらに難易度が高いもの。

この狭き門を突破するための転職ノウハウをお伝えしていますが、今回は「逆質問」をテーマに採用されやすいポイントを解説します。

面接に行くまでの段階である書類選考で落ちてしまう方は、「産業保健師の書類選考を通過した職務経歴書の書き方【志望動機/自己PR例】」の記事を参考にしてください。

目次

産業保健師面接の逆質問の目的

面接には必ず逆質問の時間が設けられています。逆質問をするのは、以下の目的があります。

・働く意欲アピール
・理想と現実のギャップを小さくする
・面接で伝えきれなかった部分の補足
・会社が求める人物像を理解する

会社がどのような人材を求めているのかを明確に聞くことで、自分がそれにマッチしていることをアピールできる時間です。

つまり、採用されやすい判断要素を増やすことができます。逆質問コーナーで他の人との差別化を図っていきましょう。

産業保健師面接の逆質問例

産業保健師の面接で採用されやすい逆質問例を5つ記載しています。

・職場の雰囲気
・保健師の繋がり
・未経験&若手
・入職前準備
・協力依頼

職場の雰囲気

職場の雰囲気について教えてください。

新しい職場でできるだけ長く働きたいという人は職場の雰囲気や働きやすい環境が重要。即採用を考えている企業を受ける際は、事前にエージェントを通して聞くのもおすすめです。

求人票や面接だけでは分からない部分が多く、詳しく聞きたい場合は逆質問で聞いてみましょう。

保健師の繋がり

他の保健師との交流の機会はありますか?

一人職場の場合、特に未経験の人は困った時に相談できる人がいると安心です。

アドバイスが貰える環境だとスキルアップにもなるので、グループ内で保健師同士の繋がりがあると良いでしょう。

未経験&若手歓迎の場合

若手社員に求めていることを教えてください。

未経験求人が少ない中で、「なぜ未経験可としているのか?」求めている人物像を聞きましょう。

未経験可の場合は、人柄を重視していることが多いです。返答に合わせて自分がどう活躍できるのか伝えられると、面接官からの印象が良いです。

入職前準備

入社までにしておくべきことを教えてください。

入社後、即戦力となるために行動を聞くことで、産業保健師として働きたい意欲をアピールできます。

入社した自分をイメージすると自然と質問が出てくるので、考えてみましょう。

協力依頼

産業保健活動に協力していただけますか?

産業保健活動は保健師一人で行うのは非常に難しく、組織として動いてもらえるかが重要です。

人事や管理層の協力が必要不可欠です。入社後、保健師自身が働きやすい環境を作るための質問です。

産業保健師面接での逆質問まとめ

産業保健師の面接を受ける際の逆質問について解説しました。一番重要なポイントは、会社が求めている人物像に自分がどれだけマッチしているのかをアピールすることです。

  • 職場の雰囲気
  • 保健師の繋がり
  • 未経験&若手
  • 入職前準備
  • 協力依頼

上記5つを参考に考えてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次