\ 保健師転職サイトの口コミはこちらをClick /

【経験者が語る】看護師を退職するベストタイミングとは?

  • URLをコピーしました!

退職をお考えの方、タイミングに悩むと思います。判断材料になる記事です。

転職はした方がいいの?
転職して成功するの?

退職時期に迷っている方へ、参考になる記事です。

正直、新卒で退職しても全然問題ありません!

ですが、私の経験をもとに3年で退職した理由をまとめました。

退職を決める判断材料になるかと思います。

この記事を書いた人

Hana|産業保健師ブロガー

大学病院小児科3年
産業保健師4年目
第一種衛生管理者
【情報発信中】
・未経験からの産業保健師転職
・辛い看護師を乗り切るコツ
・美容・健康・ダイエット など

目次

一般的な転職のタイミング

一般的に、大学病院や総合病院など新卒採用が多い病院は、だいたい3年目5年目を区切りとして退職する人が多いです。

3年目は一人前の看護師5年目は一人前+教育ができるようになる時期としても考えられるため、切りが良いと考える方が多いです。

私の退職のタイミング【経験談】

看護師生活の3年間を振り返るとこんな感じです。

1年目:一通り業務ができるようになる
2年目:仕事に自信がついてくる
3年目:リーダー業務が開始となり責任が大きくなる

1年目・・・

私は、何度かお話をしていますが、1年で辞める予定でした。

ですが、1年目では自分のことだけ、採血、点滴、オペ後の全身管理、日常生活の介助など・・・必要最低限の看護を身につけました。

【看護師を退職できなかった理由】
・急変時には何もできない
・見ていることしかできない
・判断力がなく、先輩に相談しっぱなしだった

このままでは、自分が納得できず、頑張れるのであれば、自立しておきたいと思い、退職を引き延ばしました。

2年目・・・

なんとなくで自立し、なんとなくで仕事をしていましたが、検査介助、ICU後の管理など重症者を持つように。

週1の外来業務もあり、ドタバタ病棟から離れた時期もあり楽しかった思い出もあります。

一番しんどかった時期でしたが、成長も大きかったです。

【看護師を退職できなかった理由】
・自立して楽しくなってきたから
・検査介助や外来など病棟で過ごす時間が減り息抜きになっていたから
・先輩と仲良くなり、より相談しやすくなったから

そして3年目・・・

新人の指導に少しずつ入るようになり、この頃になると判断力がついてきます。

リーダーもやるようになり、この頃に限界がきました。病棟の先輩が辞めていき、4年目には責任者となります・・・

まだ4年目なのに、責任者⁉無理無理!患者さんを守れない、死なせてしまうかもしれない。

そう思うようになり、この環境では自分もしんどく、患者さんも安全ではないと思い、3年目になりたての時、退職を決めました。

3年でひとまず、急変時の対応も落ち着いてできるようになります。

【退職を決断した理由】
次どこかで働いたときに自信を持っていける
職場の人間関係は比較的良く、頑張ることができた
業務がある程度できるようになり満足していた

これ以上続けていたら、きっと疲弊し人生終わっていただろうなと感じています。

新人で何もできないけど辞めて大丈夫?

私の場合、なんとか最低限のことは身につけていましたが新人ナースの退職は悩むと思います。

何もひとり立ちできていない。次の病院に行っても何もできない。

自分の体調と相談をしましょう。

もし、周りから見てもひどいパワハラを受けている、病棟内でイジメを受けているのであれば今すぐにでも辞めた方がいいです。

3か月で限界を感じたら、辞めてもいいと思います。

病院なんて全国にどれだけあると思ってるの!?
そのひとつが自分にとってベストなわけないじゃない。嫌だったら他に行けばいいんだよ。

私は、大学時代の教授によく言われていました。

異動もアリだとは思いますが、病院内なので気まずさは残ると思います。

病院内なので、あの人どんな人だった?と噂になりすぐ回ります・・・。思いっきり、病院を変えてみた方がスッキリするのではないでしょうか。

全く経験がなくても、受け入れてくれる病院はたくさんあります。

同じように、新人で退職した人はたくさんいます。心配せず、勇気を出して一歩踏み出してみてください。

まとめ

新人看護師はとくに退職時期には迷うかと思います。

私の経験談をご紹介しましたが、どうしても病院に行けない、うつ病になるまで我慢しているようであれば即転職することをおすすめします。

無理はせず、自分としっかり向き合いながら頑張っていきましょう。人生失敗してもいつでもやり直せますよ。

私が産業保健師を目指した理由はこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
  • URLをコピーしました!
目次