看護師から一般企業に就職したいと思った時に考えること

目次

はじめに

こんにちは。今回は、「看護師の資格は持っているけど、続けるか悩んでいる」方に読んでいただきたいものです。

二度と看護師なんてやりたくない!一般企業に就職したい!!

このような方に向けた記事となっています。一般企業ってどんなの?どんな仕事があるの?医療の中でしか生きてこなかった看護師にとって世間一般のことなんて全く分からないですよね。私は、ずっと普通の会社に勤めたくて、だけどどうしたらいいかわからなくて、悩みました。

一般企業って何するの?

とりあえず、OLに憧れますよね。私は、OLはただの雑用だと思っていました。

資料のコピーをとるだけ。事務処理。

そんなのロボットだってできるじゃん、仕事なくなりそう。そう思っていましたが、産業保健として会社に入社し、知ったことがあります。簡単な仕事だけではありません! 

わかりやすく言うと・・・
サラリーマン=男性事務
OL=女性事務
つまり、サラリーマン=OL

男性も、女性も、業務量は同じでした。サラリーマンというとかっこよく聞こえますが、世間は男女平等。業務内容・業務量も平等です。OLと聞くと簡単な仕事のように聞こえますが、実際はしっかりと責任のある仕事ばかりです。

確かに、子持ちの場合、時短勤務だったり、業務量が軽かったりしますが独身女性は、ほぼほぼサラリーマンと同じです。なので、もしやりたいことがあって、興味があるものがあるならば一般事務に挑戦するのもいいのではないかなと思います。

一般企業に転職するにはどうしたらいいの?

一番スムーズなのは、転職エージェントに相談をすることです。数多い職業から、自分に合った職種を見つけてくれます。転職会社で働いている方に聞いたところ・・・

職があたりまえの時代なので、20代であれば、ウェルカム状態のようです!!一度、エージェントに相談し、お話を聞いてもらうのもアリだと思います。第二新卒はとっても需要が高まっています。看護師となると、もともと厳しい職業なので「動ける人」と評価され、さらに喜ばれます。

他にも、企業で働いている友人や知り合い等に相談することが一番の近道です。迷いもあると思いますが、一歩、踏み出す勇気をもって頑張ってみてください。

一般企業に必要なもの

一般企業では、病院と違い、「履歴書」のほかに「職務経歴書」が必要となります。これは、今までどのような仕事をしていて、どんな能力があるかを示すものになります。

産業保健師用ではありますが、内容は変わりないのでご紹介しておきます。
ぜひ、参考までに。※職務経歴書について

まとめ

看護師から一般企業へ転職をお考えの方へ、一般企業の仕事内容について簡単に説明をしました。転職が一般的になってきた時代です。特に第二新卒は企業も大喜びの人材となるため、看護師が合わなかった、別の仕事がしたい方は挑戦してみるのも良いかと思います。

・OLとはいえ業務量・業務内容はサラリーマンと同じ
・決して簡単な業務ではなく、責任のある仕事ばかり
・一般企業は20代の転職者であればウェルカム状態。非常に喜ばれます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share
目次
閉じる